Redmi Note 9S / 10 Pro、Redmi 9Tの比較

XiaomiのRedmi Note 10 Proが4月に日本で発売されることが決定した。なかなか良さそうな機種なのでこれまで発売された機種を含め、SIMフリーのRedmiシリーズ3機種について比較し、最もコスパが高い機種はどれかを考える。

目次

結論:Redmi Note 10 Proが一番コスパが高い。9Sからの買い替えはしなくていい。

Redmi Note 10 Proは付加価値がすごい

引用元:https://www.mi.com/jp/product/redmi-note-10-pro/

Redmi Note 9S / 10 Proの価格差は約6,000円だ。この価格差でディスプレイが有機ELで高リフレッシュレート、それに加えて望遠マクロカメラが付くなら、Redmi Note 10 Proが一番コスパが高い。高リフレッシュレートは一度使うと病みつきになる。この価格帯でリフレッシュレート120Hz使えるのはすごい。

Redmi Note 9Sのユーザが買い換える必要があるかというと、わざわざするほどではないかな思う。付加価値はすごいんだけど、無くても困るものではない。3.5万円払って得られる対価は少ない。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Redmi Note 9Sはセールで安くなっているなら買い

Redmi Note 9SはOCNモバイルONEなどでよくセールになる。Redmi Note 10 Proより15,000円以上安くなっていたらRedmi Note 9Sでもいい。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Redmi 9Tは動画手ブレ補正がないから論外

動画を完全に撮らない人はいいかもしれないが、生きてたら動画を撮る機会は絶対にある。Redmi 9Tは手ブレ補正がないから、固定撮影以外では使い物にならない。私の場合はこの時点で検討から外れる。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

スペック比較

Redmi Note 9SRedmi 9TRedmi Note 10 Pro
発売日2020/6/92021/2/52021/4/14
価格28,600円15,739円34,800円


厚み
165.75mm
76.68mm
8.8mm
162.3mm
77.3mm
9.6mm
164mm
76.5mm
8.1mm
重量209g198g193g
ディスプレイ
解像度
アスペクト比
リフレッシュレート
材質
6.67インチ
2400 x 1080
20:9
60Hz
Gorilla Glass 5
6.53インチ
2340 x 1080
19.5:9
60Hz
Gorilla Glass 5
6.67インチ AMOLED
2400 x 1080
20:9
120Hz
Gorilla Glass 5
CPUSnapdragon 720GSnapdragon 662Snapdragon 732G
メモリ4GB
6GB
4GB6GB
ストレージ64GB
128GB
64GB128GB
バッテリー容量5,020mAh6,000mAh5,020mAh
急速充電18W18W33W
ワイヤレス充電
メインカメラ
センサーサイズ
f値
48MP
1/2
1.79
48MP
1/2
1.79
108MP
1/1.52
1.9
超広角カメラ
f値
8MP
2.2
8MP
2.2
8MP
2.2
望遠カメラ
フロントカメラf値2.482.052.45
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/aca/b/g/n/ac
Bluetooth5.05.05.1
BluetoothコーデックaptX, aptX HD, LDAC, AACaptX, aptX HD, LDAC, AACaptX, aptX HD, LDAC, AAC
SIMデュアルnano SIMデュアルnano SIMデュアルnano SIM
外部メモリmicroSD(512GB)microSD(512GB)microSD(512GB)
イヤホンジャック
指紋認証○(サイド物理ボタン)○(サイド物理ボタン)○(サイド物理ボタン)
顔認証
防水・防塵IP53

詳細比較

ディスプレイ

引用元:https://www.mi.com/jp/product/redmi-note-10-pro/

Redmi Note 10 Proは3.5万円で有機EL、120Hzの高リフレッシュレート。3万円台のスマホで搭載しているのは見たことがない。まだ高リフレッシュレートのスマホを使ったことがない人はぜひ使ってみてほしい。スムーズさがマジでぜんぜん違う。

CPU

引用元:https://www.mi.com/jp/product/redmi-note-10-pro/

どれもミドルスペックで3Dゲームをするには物足りないくらいのスペック。

Redmi Note 9Sを普段使用している私としては、720Gでちょっとレスポンス悪いなと感じるくらいだから、Redmi 9T(Snapdragon 662)は普段の使用に耐えられなさそう。

カメラ

引用元:https://www.mi.com/jp/product/redmi-note-10-pro/

Redmi Note 10 Proのメインカメラはセンサーサイズも大きくて、暗所撮影に強そうなのがいい。超広角カメラはもうちょっと良いものを載せてほしかった。動画の電子手ブレ補正になると画角が狭くなるから、メインカメラでの動画撮影は寄りすぎた絵になるから使いにくい。静止画が多い人には良いカメラだと思う。

まとめ

Redmi Note 10 Proは3.5万円なのにハイスペックなディスプレイを搭載した機種だ。これから新しくミドルレンジのスマホを買うなら、間違いなくRedmi Note 10 Proが良い。現在Redmi Note 9Sと同等のスマホを使っている人はわざわざ買い換える必要はないと思う。

Redmi 9Tは値段が魅力的ではあるけど、値段なりのスペック。動画手ブレ補正がないのがかなりきつい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東北出身東京都在住の32歳。普段は最大手SIer企業でシステムエンジニア(インフラ)として勤務。

ガジェットの購入は慎重派。買ったほうがいい理由、買わなくていい理由を分かりやすく解説することを心がけています。

・お問い合わせはこちらから

・詳細な自己紹介

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる