HUAWEI Band 7と旧型Band 6の比較【旧型HUAWEI WATCH FITが一番良い】

HUAWEI Band 7が6/2に発売になった。HUAWEI Band 6とHUAWEI WATCH FITシリーズと比較してどれが一番買いなのか決める。

目次

結論:旧型HUAWEI WATCH FITが一番コスパが良い

結論から言うと、Band 6でもBand 7でもなくてHUAWEI WATCH FITを買うのが1番おすすめだ。

HUAWEI Band 6と7は、環境光に合わせて画面の明るさを自動調整する機能がない点とGPSが非搭載なのが微妙。それでBand 7に8,000円出すくらいだったら、旧型HUAWEI WATCH FITを10,000円で買ったほうが確実にお得だ。

⬇Band 6か7で選べと言われたら間違いなくBand 7。値段ほぼ同じだし。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

HUAWEI Band 7/6、WATCH FITをスペック表で比較

HUAWEI Band 6、Band 7、WATCH FITをスペック表で比較する。

HUAWEI Band 7HUAWEI Band 6HUAWEI WATCH FIT
サイズ44.35 x 26 x 9.99 m43 x 25.4 x 10.99mm46 x 30 x 10.7 mm
ディスプレイ1.47インチAMOLED
194 x 368ピクセル
1.47インチAMOLED
194 x 368ピクセル
1.64 インチAMOLED
456 x 280ピクセル
326ppi
重さ16g18g21g
センサー加速度センサー 
ジャイロセンサー 
光学式心拍センサー
加速度センサー 
ジャイロセンサー 
光学式心拍センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
環境光センサー
装着検知センサー
バッテリー持続時間14日14日7日~10日
GPS
対応OSAndroid 6.0以上
iOS 9.0以上
Android 6.0以上
iOS 9.0以上
Android 5.0以上
iOS 9.0以上
防水5 ATM5 ATM5 ATM
ワークアウト96種類96種類96種類
心拍数測定○(常時、TruSeen)○(常時、TruSeen)○(常時、TruSeen)
血中酸素常時測定○(常時)○(常時)○(常時)
睡眠測定○(TruSleep2.0)○(TruSleep2.0)○(TruSleep2.0)
通話(Bluetooth)
SMS返信◯(Androidのみ)
※クイック返信
音楽保存
音楽再生○(Androidのみ)○(Androidのみ)○(Androidのみ)
価格(税込み)
2022/6/9時点
7,8007,00011,000

WATCH FITの強み①『環境光センサー』

Band 6、Band 7よりWATCH FITが明確に優れているのは環境光センサーGPSを搭載している点だ。Bandシリーズは環境光センサーがないから外の明るさに合わせて設定していると室内で眩しいし、室内に合わせて設定していると外での視認性が悪くなる

WATCH FITの強み②『GPS搭載』

もう1つの強みはGPSを搭載している点だ。

Bandシリーズはスマホを持ってればスマホのGPSを使ってジョギング経路をトラッキングすることは可能だが、30分程度の短時間のジョギングがメインの人はスマートウォッチ単体でトラッキング可能なGPS搭載スマートウォッチの方が気軽に使用できる。

Bandシリーズの強み①『価格』

Bandシリーズの強みは価格だ。最新のBand 7だって8,000円程度で買える。それに対してWATCH FITは11,000円。たまにもうちょっと値下がりして10,000円くらいになる時がある。

まぁ私だったら3,000円高くても環境光センサーとGPSを取るかなぁ。

まとめ

HUAWEI Band 7が6/2に発売されたけど、3000円高くても環境光センサーとGPSが搭載されたHUAWEI WATCH FITの方がおすすめ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東北出身東京都在住の32歳。普段は最大手SIer企業でシステムエンジニア(インフラ)として勤務。

ガジェットの購入は慎重派。買ったほうがいい理由、買わなくていい理由を分かりやすく解説することを心がけています。

・お問い合わせはこちらから

・詳細な自己紹介

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる