Amazfit GTS購入した【Apple Watchと見比べても劣らない】

Amazfit GTSとApple Watchスマートウォッチ・小物

前回HUAWEI WATCH FITの購入を検討していたが、HUAWEI WATCH FITを店頭で見たら細長いApple Watch感が拭えなくて購入を見送った。

最終的に、Apple Watchに近いデザインのAmazfit GTSを購入したので、HUAWEI WATCH FITとの機能比較、Apple Watchとの外観比較を行っていく。

Amazfit GTSとは

今回購入したAmazfitはHuami(ファーミ)という会社の製品だ。Huamiは、Xiaomiのウェアラブルデバイスのデザイン・製造を行っているグループ会社だ。Amazfit GTSはApple Watchの見た目をしたXiaomi製スマートウォッチということだ。

¥12,000 (2021/05/26 17:10時点 | Amazon調べ)

中国ではAmazfit GTS 2が発売されている

中国ではAmazfit GTS 2が9月下旬に発売されている。Amazfit GTSは2019年5月頃発売なので、ハードウェアとしては発売から1年以上経っているのは少し気になるところだ。Amazfit GTS 2はまだ日本語化されていないため、通知とかが変な中華フォントになる。Amazfit GTSは日本語化されているため、通知の日本語がきれいに表示されるAmazfit GTSを選んだ。2020年12月より、Amazfit GTS 2が日本で発売となった。

Amazfit GTS と HUAWEI WATCH FITの比較

両製品でできることは大体一緒だ。Amazfit GTSがHUAWEI WATCH FITに劣っている点は誤差程度の価格しかない。

むしろAmazfit GTSの方がデザインで勝っている。

Amazfit GTSHUAWEI WATCH FIT
ディスプレイ1.65インチ AMOLED 348 x 442
タッチスクリーン
約1.64 インチ AMOLED 456 x 280
タッチスクリーン対応
重さ約24.8g約21g
センサー加速度
ジャイロ
BioTrackerTM PPG光学
気圧
周囲光学
加速度
ジャイロ
光学式心拍

環境光
装着検知
バッテリー持続時間約14日約10日
GPS内蔵内蔵
対応OSAndroid 5.0以上
iOS 10.0以上
Android 5.0以上
iOS 9.0以上
防水5 ATM5 ATM
価格(税込み)16,80015,180
デザイン○ Apple Watchっぽい正方形△ 細長いApple Watch

フィットネス機能の充実具合はHUAWEI WATCH FITの方が勝っているが、私の中では評価対象外になっているので注意してほしい

Amazfit GTSとApple Watch Series 4 アルミの見た目を比較

『Apple Watch Series 4 40mmスペースグレイ アルミニウムモデル』が家にあったので、並べて比較した(左がAmazfit GTS、右がApple Watch)。どちらもサードパーティ製のミラネーゼループに変更している。

↓ Amazfit GTSの質感はApple Watchのアルミと肩を並べるくらい良い

Amazfit GTSとApple Watchの比較
左:Amazfit GTS
右:Apple Watch

↓ 背面の質感は劣っているが背面は見る機会が少ないから気にしない。

左:Amazfit GTS
右:Apple Watch

↓ 付属バンドを比較する。グレーと黒で色が違うから伝わりにくいと思うが、Amazfit GTSのバンドはペラペラすぎ。Apple Watchはしっとり重厚感がある。

Amazfit GTSとApple Watchのシリコンバンド比較
左:Amazfit GTS
右:Apple Watch

Amazfit GTSのバンドは絶対に交換したほうが良い。ちなみに私が買ったバンドは↓だ。

まとめ:Android向けApple Watch(見た目だけ)

Apple Watchはデザインが完成されているが、iPhoneでしか使えない。

その完成されたデザインを持ちつつ、Androidで使用できてバッテリーが14日も持つAmazfit GTSは超おすすめだ。格安スマートウォッチにありがちな怪しげな日本語フォントじゃなく、きれいな日本語フォントで表示される点も素晴らしい。ファーストインプレッションとしては文句なしの出来だった。

¥12,000 (2021/05/26 17:10時点 | Amazon調べ)

↓ LINE通話を電話と同じ用に通知する設定は以下。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました