ASUS Detachable CM3とLenovo IdeaPad Duetの比較【ChromeBook】

ガジェット

2020年からChromebook(Chrome OS)のシェアが10%を超えてMacOSを抜いたらしい。そんなChromebookの人気機種にLenovo IdeaPad Duetがあるが、ASUSから2021年3月17日に対抗機種が発売されたので、スペックを比較する。

結論:価格差が5,000円以内ならDetachable CM3

比較の結果、Detachable CM3とIdeaPad Duetの計算能力は大差なくて、付加価値の違いということになった。Detachable CM3はIdeaPad Duetと比べて以下の付加価値がある。

Detachable CM3の付加価値

・スタイラスペン付属
・イヤホンジャックあり
・MIL規格
・キーボードの角度(6度)がつけられる

個人的には↑の付加価値は全然要らないんだけど、あるに越したことはない。なので、2機種の価格差が5,000円以内だったらDetachable CM3を買う、という結論になった。

以下で詳細な比較を行う。

参考:iPadとChromebookの比較

IdeaPad Duetについては、iPadとの比較をしている。

スポンサーリンク

スペック比較

両者のスペックは似ている

まずは表でスペックの比較をする。計算能力で見るとあまり変わらない。

製品名Lenovo IdeaPad DuetASUS Chromebook Detachable CM3
価格(2021/02/07)通常  :31800
クーポン:28800 
通常 :50800
セール:32800
自動更新の有効期限2028年6月
画面サイズ10.110.5
画面解像度FHD+(1920 x 1200)FHD+(1920 x 1200)
画面アスペクト比16:1016:10
画面の種類IPS、光沢?、光沢
タッチ操作
CPUHelio P60TMediaTek MT8183
メモリー4GB(LPDDR4)4GB(LPDDR4)
ストレージeMMC 64GB(Amazon版)
eMMC 128GB
eMMC 128GB
横幅 x 奥行き x 厚さタブレット本体:
239.8 x 159.8 x 7.35mm
キーボード・カバー装着時:
244.9×169.3×18.2mm
タブレット本体:
255.44×167.2×7.9mm
キーボード・カバー装着時:
255.44×167.2×16.9mm
重量タブレット本体:450g
キーボード・カバー装着:920g
タブレット本体:506g
キーボード・カバー装着:915g
バッテリー駆動時間10時間12.3時間
最大消費電力10W45W
キーボード日本語配列日本語配列
※6度傾く
有線LAN
無線LAN11a/b/g/n/ac11a/b/g/n/ac
Bluetoothv4.2v4.2
USB Type-C11
USB Type-A00
イヤホンジャック
※Type-C – 3.5mmジャック変換が付属
メモリーカード
ディスプレイ出力Type-CType-C
WebカメラHD(720p)HD(720p)
その他機能・タブレットになる・タブレットになる
・スタイラスペン付属
・MIL規格準拠

CPU:大差なし

わかりやすくベンチマーク比較する。Helio P60を搭載したUMIDIGI BISONと、MT8183を搭載したFire HD 10(2019)のスコアで比較する。

Helio P60は15万点、MT8183も15万点なので、CPUスペック的には大差なし。

ディスプレイ:サイズの違い以外は大差なし

サイズはIdeaPad Duetが10.1インチ、Detachable CM3は10.5インチだ。当然ながらDetachable CM3の方が大きい。実寸だと横0.8cm、縦0.5cmくらいの差異になる。

ASUS製品は大体そうなんだけど液晶パネルの駆動方式が「TFT」になっているから、IPS液晶なのかTN液晶なのか分かりにくい。各所のレビューを見ると、Detachable CM3は視野角が広いようだからおそらくIPS液晶なんだろう。ということでIdeaPad DuetとDetachable CM3の液晶の差はサイズのみということになる。

バッテリー:Detachable CM3の稼働時間が有利

引用元:ASUS Store

バッテリー持ちはDetachable CM3の方が2.3時間長い。最大消費電力では、IdeaPad Duetが10Wだから低速の充電器でも問題なく充電できるメリットはある。

キーボード:Detachable CM3は6度傾く

引用元:ASUS Store

Detachable CM3のキーボードは6度傾くから、IdeaPad Duetよりタイピングしやすそう。IdeaPad Duetのキーボードのように柔らかいとたわかもしれないが、その場合はフラットな状態でも使えばいい。

GIGAスクール向け機能:Detachable CM3が有利

イヤホンジャック

Detachable CM3にはイヤホンジャックが付いている。文科省の学校におけるICT環境の整備・運用についてに標準仕様書があり、ChromeOS端末の要件を見るとイヤホンジャックが必要になっているから、Detachable CM3はGIGAスクール向けなんだと思う。実際に法人販売もあうようだ。

引用元:文部科学省、GIGAスクール構想の実現 標準仕様書

Bluetoothイヤホンもかなり普及しているし、正直イヤホンジャックはなくても困らないが、あるに越したことはない。

スタイラスペン

引用元:ASUS Store

Detachable CM3は本体に収納可能なUSIスタイラスペンが付属している。個人的には要らないが、学校でのタッチ入力などで有用なんだろう。一般消費者がペンを使いたい用途なら対応アプリや実績の多いiPad + Apple Pencilを買うだろうから、スタイラスペンは無しにしてオプション扱いで良かった。

MIL規格準拠

Detachable CM3はMIL規格に準拠している。ChromebookにはMIL規格に準拠した端末が多い。小学校等での子どものハードな利用に耐えるために耐久性を高くする必要がある。2 in 1タイプの端末は脆そうなイメージがあるけど、それでもMIL規格準拠になっているのはすごいと思う。

IdeaPad DuetはMIL規格準拠ではない。

まとめ:Detachable CM3の付加価値にいくら払うか

上記のスペック比較で見た通り、Detachable CM3とIdeaPad Duetの計算能力としての差異はあまり無くて、付加価値として以下の点で勝っている。

Detachable CM3の付加価値

・スタイラスペン付属
・イヤホンジャックあり
・MIL規格
・キーボードの角度(6度)がつけられる

これらの付加価値にいくら払えるのかがDetachable CM3とIdeaPad Duetのどちらを選択するか決める鍵になるかと思う。個人的には5,000円以内の価格差だったらDetachable CM3を選ぶ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました