【テレワークにおすすめ】Anker Soundcore Life NCが多機能なのに安い

Soundcore Life NCオーディオ

Amazonの初売りでセールになっているネックバンド型BluetoothイヤホンのAnker Soundore Life NCを購入したので、購入に至った経緯と使用感を記事にする。2019年4月発売の機種だから評判はもう出きっているので、主観全開で記事を書く。

スポンサーリンク

Anker Soundcore Life NCの特徴

Soundcore Life NC

良い点は一言でいうと機能全部盛りなのに安いという感じ。完全ワイヤレスイヤホンで同じ機能を付ける場合、 2~3万円は超えてくる。

【良い点】Anker Soundcore Life NCの特徴
  • ネックバンド型(首にかけるタイプ)
  • 音質が良い
  • 連続10時間再生
  • AAC、apt-X対応
  • ノイズキャンセリング機能
  • 外音取り込み機能
  • 通話マイク4つ搭載
  • マルチポイント対応(同時に2台接続)
  • 有線接続可能
  • 価格が1万円以下(セール時は5,499円)

悪い点もあってそれが以下だ。ネックバンド型は良い点でもあり悪い点でもある。

【悪い点】Anker Soundcore Life NCの特徴
  • ネックバンド型(首にかけるタイプ)
  • 充電端子がmicro USB
  • 本体が大きい

Anker Soundcore Life NCレビュー

2日使用してみて感じた点をレビューする。

【○】音質は良い

画像引用:Anker Japan

Anker Soundcore Life P2で満足していたくらい私は音質にこだわりがないが、それでもLife P2よりは音質が良いと思った。具体的に何が良いのかというと、高音のシャリシャリ具合が低減されて上品な感じだった。系統としてはドンシャリ系なので、高音と低音が強い。

【○】ノイズキャンセルは効果を実感できる

画像引用:Anker Japan

Amazonレビューとかでは全然効かないとか言われていたりするけど、私としてノイズキャンセルを実感できた。駅徒歩5分のマンション住まいなので、ベランダに出ると車のエンジン音(低音)が結構うるさいが、ノイズキャンセルをオンにすると明らかに静かになった。ちなみにノイズキャンセルの強度は選べない。

【○】外音取り込み機能は自然に聞こえる

AVIOT TE-D01d mk2の外音取り込み機能はホワイトノイズがサーっと常に入っており不自然な合成感があったが、Anker Soundcore Life NCはホワイトノイズが無かった。普通に使える。

【○】マイクの位置が口に近いため、小さい声でも通話品質が良い。

Soundcore Life NCのマイクは4つ

ネックバンドの形状のおかげもあって、マイク位置が口に近くなる。そのため完全ワイヤレスイヤホンより通話品質が良くなる傾向がある。何より推しておきたいのが小さい声でもはっきり聞こえる点だ。テレワークで場所によっては大きな声でしゃべれないことも多いから、小さい声でもはっきり聞こえるのは超便利

この通話品質の良さがテレワークに最適と呼べる所以かなと思う。

【○】マルチポイント対応はサブスマホ持ちには良い

画像引用:Time&Space by KDDI

社用スマホと私用スマホの使い分けとか、複数端末持ちにはマルチポイントは便利だ。私の場合はメインスマホのバッテリー劣化が嫌だから、サブスマホをZoom、LINE通話(社用電話)、Youtube、音楽に使っている。

【×】充電がmicro USB

Soundcore Life NCはmicro USBで充電

micro USBなのは明らかにデメリットだ。これはType-Cにしてほしい。

【○】物理ボタンが4つあって操作が覚えやすい

物理ボタンが4つ(音量Up/Down、電源オンオフ、再生停止)あるため、完全ワイヤレスイヤホンでありがちなボタン2回押しや3回押しなどを覚える必要がない。特に音量Up/Downボタンが連打できる点は、完全ワイヤレスイヤホンと違ってイヤホン側での操作に実用性がある。

【△】ネックバンド型

ネックバンドをどう思うか次第でこれは〇にも×にもなる。デメリットは大きくて邪魔の一言に尽きるので、メリットを紹介していく。

ネックバンド型のメリット

Soundcore Life NCは今主流の完全ワイヤレスイヤホンじゃなくてネックバンド型だ。この商品を検討している人はネックバンド型だから悩むと思うので、思いつく限りのメリットを書く。

少しだけ外す場合に便利

ネックバンド型は首から下げているので、少しだけイヤホンを外した場合も紛失の危険性がない。なので完全ワイヤレスイヤホンより気軽に脱着できる点がメリットだ。

どんなイヤーピースでも付けられる。

Soundcore Life NCは様々なイヤーピースが付けられる。

完全ワイヤレスイヤホンは、その製品の純正イヤーピースじゃないとケースの蓋が閉まらないことがある。ネックバンド型はケースにしまう必要がないため、どんなイヤーピースでも付けられる。

デスクワークや自宅使用にはあり

首にかけるので夏場は汗ではりつくのが気持ち悪いし、冬場はマフラーを付けたりアウターの種類によっては干渉する。そういった点からいうと、外出時は線が全くない完全ワイヤレスイヤホンの方が分があるのは確かだ。

デスクワークや自宅での使用の場合はネックバンド型もそこまで邪魔にならないので、屋内使用が最も快適だと思う。

まとめ

Anker Soundcore Life NCはネックバンド型イヤホンで、値段に対してかなり機能が豊富な機種だ。マイクの音質もかなり良いので、テレワークにもおすすめできる。ネックバンド型であることが許容できる人にとっては、かなりコスパが高い機種になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました