Windows版ChromeをMacに負けないくらいきれいに表示したい【MacTypeとChrome拡張】

Windowsのフォントは何故か昔からずっとギザギザだ。Macに比べると大きく見劣りしてしまう。ギザギザで困ることはこれと言って無いが、スマホもきれいなフォントになっている今、やはりWindowsだけギザギザなのは違和感がある。

今回はWindowsのギザギザフォント対策と、一番利用頻度の高いChromeブラウザで好みのフォントに設定変更する方法を模索していく。

目次

MacTypeの設定

(1) 本記事ではフリーソフトのインストールを行うため、環境によっては予期せぬ動作をする可能性があります。インストールの際には十分ご注意ください。問題が発生した場合、当方では責任を負いかねます。
(2) また、後述するレジストリモード、サービスモードはWindowsのレジストリ設定変更、サービスとして登録されることになります。それらのタイプを選択する場合は、Windowsが予期せぬ動作をする可能性が高くなります。

WindowsのフォントをきれいにするフリーソフトとしてはMacTypeが有名らしい。というかむしろMacType以外に見当たらないので、選択しようもなくMacTypeをインストールすることにした。

ダウンロードURL:https://github.com/snowie2000/mactype/releases

MacTypeのダウンロードページ
MacTypeのダウンロードページ

レジストリモード、サービスモード、Mac Trayロードという3つのモードがある。レジストリいじったり、サービスにするのはなんか嫌なので、一番影響が少なそうなMac Tray互換性重視モードにする

MacTypeの起動モードは互換性重視モードを選ぶ
互換性重視モードを選ぶ

プロファイルを選ぶ。好みな見た目のプロファイルを選ぶのが良いと思うが、とりあえずデフォルトを選んで完了する。

好みのプロファイルを選ぶ
好みのプロファイルを選ぶ

これでMacTypeのひとまずの設定は終わり。デスクトップの「ごみ箱」と「Google Chrome」を比較してみると、結構違う。

かなりきれいになった!

MacType適用前はデスクトップアイコンの名前がギザギザ
MacType適用前
MacType適用後はデスクトップアイコンの名前がきれい
MacType適用後

ChromeにMacTypeを適用するにはオプションが必要

一番利用頻度の高いChromeでは、MacTypeをインストールするだけでは効果が得られないようだ。

Chromeのショートカットにオプション --disable-features=RendererCodeIntegrity を付けて起動すればMacTypeが適用できる。オプションの設定の仕方は、ショートカットに以下の赤枠のように設定する。

ChromeにMacTypeが適用されるオプション
ショートカットファイルにオプション設定

⬇︎Chromeでの表示を比較してみる。あえてギザギザフォントで有名なMSゴシックにしてみる。

MacType適用前のGoogle検索したページはギザギザ
MacType適用前

⬇︎こちらはMacType適用後。明らかにきれい!

MacType適用後にGoogle検索したページはきれいになった
MacType適用後

好きなフォントでサイトが表示されるようにする

⬇︎当ブログやYahooニュースとかもそうだが、ブラウザの設定でMSゴシックに設定していても、

Chromeのフォント設定をMSゴシックにする。
MSゴシックに設定

⬇︎ブラウザで表示されるのはメイリオ。なにこれ。

当ブログもメイリオで表示される
メイリオになっちゃう

まあまあきれいにはなったんだけどまだギザギザ感があるし、メイリオだとなんかダサい。

Chrome拡張機能を使って好きなフォントを強制する

メイリオはポップすぎるから、macOSの『ヒラギノ角ゴシック』みたいにもうちょっと落ち着いたフォントにしたい。今回はAndroid 6.0からAndroid標準フォントになっている「Noto Sans CJK JP」をChromeで使うことにした

Chrome拡張(Stylus)でフォントを強制変更

手軽にChromeでフォントを強制変更できそうだったので、Chrome拡張機能のStylusを使うことにした。

Chrome ウェブストア Stylus

以下のような感じで設定すれば、強制的にNoto Sans CJK JPを適用できる。

* {font-family: "Noto Sans CJK JP" ;}

Stylus – Noto Sans CJK JP に強制変更

メイリオとNoto Sans CJK JPを比較する

元の状態(メイリオ)と、Noto Sans CJK JPが強制された状態を比較する。

⬇︎まずは元の状態(メイリオ)から。悪くはないけど『Windows』って感じ。

ChromeでMSゴシックにしても表示はメイリオ
メイリオで表示されてる

続いてNoto Sans CJK JP。

⬇︎シュッとしててこっちの方がスタイリッシュ。当ブログはNoto Sans CJK JPで表示されるように設定しようかな。

Chrome拡張でNoto Sans CJK JPで表示されることを確認
Noto Sans CJK JPで表示

結論:Macくらいきれいになった(主観)

MacTypeは思っていたより遥かに効果は絶大で、Windowsのギザギザフォントがかなりきれいになった。Macを持っていないから同等かはわからないが個人的には満足している。

Chrome拡張機能は設定に一手間かかるがそれほど難しくないし、フォント変更による効果が大きいので設定することをおすすめする。

おまけ:Linuxにして全体的にフォントをきれいにする?

この記事を書く前は、Linuxをインストールしようかと思っていた。かつてLinux(Ubuntu)をデスクトップPCのOSとして使っていたことがあったが、意外なことにフォントがきれいだった記憶がある。

今持っているのがCHUWI Aerobookだけなので、デュアルブートにしようかと思っていたが、ミスったらWindowsが無くなって結構つらくなる。それにAerobookの全機能がLinuxで使えるかも分からない。ノートパソコンにLinuxをインストールして動かなくなる可能性は以下。

  • タッチパッドが動かない
  • スピーカーの音が出ない
  • Bluetoothが使えない
  • Wi-Fiが使えない
  • USBポートが使えない
  • ちゃんとスリープしない

デュアルブートを試してみたい気持ちもあるので、それはまた別途検討しようと思う。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東北出身東京都在住の32歳。普段は最大手SIer企業でシステムエンジニア(インフラ)として勤務。

ガジェットの購入は慎重派。買ったほうがいい理由、買わなくていい理由を分かりやすく解説することを心がけています。

・お問い合わせはこちらから

・詳細な自己紹介

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる