【イヤホン、充電同時】Lightning端子分岐アダプタ【L字】

iPhoneを充電しながら有線イヤホンが使えるアダプタを買った。安いけど普通に便利に使えるから紹介する。

目次

結論:『分岐ケーブル』より『分岐アダプタ』の方が使いやすい

Lightningを分岐するケーブルはAmazonにもいっぱいあるんだけど、分岐アダプタはほとんどない。分岐ケーブルより分岐アダプタが良い理由は以下の通りだ。

分岐ケーブルより分岐アダプタの良い理由

  • かさばらない
  • L字になるからケーブルへの負担が少ない
  • 断線の心配が少ない

Lightning端子分岐アダプタのレビュー

レビューというほどでもないけど紹介する。

⬇アダプタ本体はT字になっていて、電源マークとヘッドホンマークになっている。

⬇ヘッドホンマークだけど端子はLightningだから、Lightning→3.5mmジャックの変換が必要。

画像ではApple純正の変換アダプタを使っている。

イヤホンは表裏どちらでも使える。充電は向きがある。

iPhone 11で試したところイヤホンは表裏どちらでも使えるが、充電はiPhoneの正面にマークが来るようにしないといけない。

充電とイヤホンを同時に使うには⬇の画像のとおりに接続しないといけないので注意が必要だ。

ポケットに入れたときにケーブルに負担がかからないのが良い

⬇Lightning→3.5mmジャック変換アダプタだけでズボンの後ろポケットに入れると、ケーブルへの負荷が気になる

⬇Lightning分岐アダプタを付けるとケーブルへの負荷が減る

まとめ

Amazonでも数少ないLightning分岐アダプタを買ったらなかなか使いやすかった。

⬇こういう分岐ケーブルより、

私の買った分岐アダプタの方が絶対良い

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東北出身東京都在住の32歳。普段は最大手SIer企業でシステムエンジニア(インフラ)として勤務。

ガジェットの購入は慎重派。買ったほうがいい理由、買わなくていい理由を分かりやすく解説することを心がけています。

・お問い合わせはこちらから

・詳細な自己紹介

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる