キョンセーム、春日製と中国製を比較【本物vs偽物?】

2021年9月に30cm×30cmのキョンセーム(中国製)を買って満足して使ってたんだけど、メガネを拭くと縁に埃が残るのが気になってきた。ということで今回、株式会社春日のキョンセームを買って比較してみた。

目次

結論:春日のキョンセームは品質が良い。値段もあまり変わらない。

結論から言うと春日のキョンセームの方が品質がいい。メガネを拭いたときにレンズにホコリが残らなくなった。メガネを拭くなら中国製じゃなくて絶対春日のキョンセームのほうが良い。15cm×15cmなので持ち歩きにも丁度いい。

カスガ
¥1,250 (2022/05/26 13:20時点 | Amazon調べ)

ただし、中国製キョンセームも普通に汚れは拭き取れるし、デカくて(30cm×30cm)安い。なので中国製キョンセームはディスプレイやiPadなどの大型のものに使うことにする。あと洗面所の鏡拭きとか。

春日のキョンセームと中国製を比較

春日のキョンセームは表裏がある

▼春日のキョンセームはロゴがある方が表面(吟面)ロゴが無いほうが裏面(床面)だ。基本的に表面を使う。裏面の方が毛羽立っている。

春日のキョンセーム(表)
春日のキョンセーム(裏)

▼中国製キョンセームは特にロゴはなし。表裏どちらもかなり毛羽立っている。なのでメガネを拭くと縁に埃が残るのが気になる。

中国製キョンセームは表裏同じように毛羽立ってる

中国製キョンセームは安いけどデカい

▼春日のキョンセームは1,200円程度で15cm×15cmなのに対し、中国製キョンセームは1,000円で30cm×30cmだ。安いのにデカすぎ。大きめのディスプレイや窓拭きにも良さそう。埃が多少残っても気にならないし。

色が濃いのが春日、薄いのが中国製

▼ちなみに春日のキョンセームで同程度のサイズにすると5,000円近くする。

まとめ

春日のキョンセームのほうが品質が良いのは確かなんだけど、中国製キョンセームも普通に使える

私はディスプレイやiPadなどの大きめのものには中国製を使って、メガネ拭きや持ち運びの際は春日のキョンセームを使おうと思う。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東北出身東京都在住の32歳。普段は最大手SIer企業でシステムエンジニア(インフラ)として勤務。

ガジェットの購入は慎重派。買ったほうがいい理由、買わなくていい理由を分かりやすく解説することを心がけています。

・お問い合わせはこちらから

・詳細な自己紹介

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる