【比較】IdeaPad Duet 560と旧型IdeaPad Duet【Chromebook】

LenovoからIdeaPad Duet 560 Chromebookが発表された。11/26に発売らしい。旧型のIdeaPad Duet(10.1インチ)はChromebookの普及に貢献した名機だったので比較してみる。

目次

結論:IdeaPad Duet 560は高すぎ。Chromebookに求めるのは安さ。

IdeaPad Duet 560は最安でも75,900円(税込)。単純に高い。旧型IdeaPad Duetのようにキャンペーンで15,000円程度の値引きがあったとしても6万円だ。

多くの人が Chromebookに持つイメージは『安いわりに快適に使えるパソコン』ということだ。私の基準としては3万円前後までは安いパソコンと思える。

旧型IdeaPad Duetは名機

旧型IdeaPad Duet(10.1インチ)の定価は45,000円だったが、発売から数ヶ月後の実売価格は3万円前後だった(ポイント還元など含む)。

他のChromebookより軽量・コンパクトタブレットにもなるし安いと走攻守揃った名機だから売れたのだ。

IdeaPad Duet(10.1インチ)が名機である理由

  • 実売価格3万円前後で買える
  • 他のエントリークラスのChromebookと違い、液晶が綺麗
  • キーボードを付けても軽量(920g)
  • コンパクト(10.1インチ)

IdeaPad Duet 560は売れなさそう

新型IdeaPad Duet 560は軽量でもないしコンパクトでもないしタブレットになるけど700gある。旧型IdeaPad Duetとはターゲット層がそもそも違いそう。どちらかというと高級路線だ。

Chromebookに7万も出すならWindowsパソコンやiPadも狙える値段だ。Chromebookを選ぶメリットがあまりない

また、旧型IdeaPad Duetと比較してもおすすめする理由が見つからない。CPUがSnapdragon 7cなんだからLTE対応してくれればいいのに

IdeaPad Duet 560が売れなさそうな理由

  • Chromebookにしては高い(7万円
  • タブレットとしては重い(700g
  • 13.3インチ、7万円だったらChromebook以外の選択肢が豊富

スペック表

IdeaPad Duet 560とIdeaPad Duet(10.1インチ)のスペックを比較する。注目すべき点はマーカーを付けている

Lenovo
IdeaPad Duet 560 Chromebook
Lenovo
IdeaPad Duet(10.1インチ)
発売日2021年11月26日2020年6月5日
価格
(2021/11/18)
(定価)75,900円〜30,000〜40,000円
自動更新の有効期限2028年6月
画面サイズ13.310.1
画面解像度FHD(1920 x 1080)FHD+(1920 x 1200)
画面アスペクト比16:916:10
画面の種類有機ELIPS、光沢
タッチ操作
CPUSnapdragon 7c Gen2Helio P60T
メモリー4GB4GB
ストレージeMMC 64/128GBeMMC 64GB(Amazon版)
eMMC 128GB
横幅
奥行き
厚さ
305.93mm
192.63mm
15.83mm
244.9mm
169.3mm
18.2mm
重量1.2kg
700g(タブレット)
920g
450g(タブレット)
バッテリー駆動時間15.5時間10時間
最大消費電力30W10W
キーボード配列日本語日本語
有線LAN
無線LANa/b/g/n/aca/b/g/n/ac
Bluetooth5.14.2
USB Type-C21
USB Type-A00
イヤホンジャック
メモリーカード
ディスプレイ出力Type-CType-C
その他Lenovo USIペンが付属する

IdeaPad Duet 560の良いところ

  • ディスプレイが13.3インチになって大画面化した
  • ディスプレイが有機ELになった
  • バッテリー持ちが良くなった(15.5時間
  • USB Type-Cポートが2つになった。
  • Lenovo USIペンが付属になった。

IdeaPad Duet 560の良いところ

  • ディスプレイのアスペクト比が16:9
  • 重くなった(1.2kg
  • 消費電力が上がったから充電器を選ぶ。
  • 値段が高い(最安で75,900円

IdeaPad Duet 560の外観を確認

↓IdeaPad Duet(10.1インチ)に良く似た外観だが、ベゼルが細くなって全体的にスタイリッシュになっている。

↓画像はUS配列。筐体サイズが大きいので、IdeaPad Duet(10.1インチ)のように右側のキーだけ小さくなることはないと期待している。

↓IdeaPad Duet(10.1インチ)と同じキックスタンド方式。ASUS Detachable CM3のようにキーボードの角度がつけばなお良かった

まとめ

結論としてはIdeaPad Duet 560 Chromebookは高いし軽くないし大きい。13.3インチでタブレットになるメリットはあまりない。10インチ、500gあたりがタブレットとして使う限界のサイズだと思う。

なので、2 in 1のChromebookが欲しいならIdeaPad Duet(10.1インチ)をおすすめする。

↓ちなみに75,900円あればまともなノートPCが買える。安いのにデザインも良いパソコンだったらHUAWEI Matebook 2020がおすすめ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東北出身東京都在住の32歳。普段は最大手SIer企業でシステムエンジニア(インフラ)として勤務。

ガジェットの購入は慎重派。買ったほうがいい理由、買わなくていい理由を分かりやすく解説することを心がけています。

・お問い合わせはこちらから

・詳細な自己紹介

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる