【比較】HUAWEI Band 6 / HUAWEI WATCH FITよりAmazfit GTSがおすすめ

スマートウォッチ・小物

HUAWEIから新しくHUAWEI Band 6が発売になったから競合機種と比較する。競合機種としては形もそっくりなHUAWEI WATCH FITと、私が持っているAmazfit GTSだ。

結論:HUAWEI Band 6 / WATCH FITよりAmazfit GTSがおすすめ

先に結論を書く。おすすめ順は以下のとおりだ。

  1. Amazfit GTS (または GTS 2 mini)
  2. HUAWEI WATCH FIT
  3. HUAWEI Band 6

スマートウォッチとしての機能は全機種あまり変わらないが、Amazfit GTSシリーズはサードパーティ製アプリでLINE通話着信を通知したり、カスタムウォッチフェイスを設定できる点でHUAWEI機種よりおすすめだ。以下、詳細を解説する。

スペック比較

表でスペックを比較する。HUAWEI機種がSpO2を測定できるのが強みで、WATCH FITの方がBand 6より機能が豊富というかんじ。

HUAWEI Band 6HUAWEI WATCH FITAmazfit GTSAmazfit GTS 2 mini
発売日2021年5月2020年9月2020年9月2020年12月
サイズ43 x 25.4 x 10.99mm46 x 30 x 10.7 mm43.25 x 36.25 x 9.4mm40.5 x 35.8 x 8.95 mm
重量(ストラップ除く)18g21g24.8g19.5g
ディスプレイ1.47インチ
AMOLED
1.64インチ
AMOLED
1.65インチ
AMOLED
1.55インチ
AMOLED
解像度194 x 368
283PPI
456 x 280
326PPI
348 x 442
341PPI
354 x 306
331PPI
材質ポリマーポリマーアルミアルミ
バッテリー容量220mAh220mAh
バッテリー持ち(通常)14日10日14日14日
機能フィットネス動画Amazon Alexa対応
ワークアウトの種類96961270
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
環境光センサー
装着検知センサー
BioTracker PPG バイオトラッキング光学センサー
6 軸加速度センサー
3 軸地磁気センサー
環境光センサー
気圧センサー
照度センサー
BioTracker 2 PPG 生物学的データセンサー
加速度センサー
ジャイロスコープセンサー
地磁気センサー
周囲光センサー
GPS×
防水5 ATM5 ATM5 ATM5 ATM
Bluetooth5.0 BLE5.0 BLE5.0 BLE5.0 BLE
血中酸素飽和度測定○(常時)○(常時)×
価格
(2021年5月20日)
7,800円10,891円12,000円
(2,000円オフクーポンあり)
12,800円
(2,800円オフクーポンあり)
スポンサーリンク

『HUAWEI WATCH FIT』vs『HUAWEI Band 6』

HUAWEI WATCH FIT
引用元:https://consumer.huawei.com/jp/wearables/watch-fit/

HUAWEI Band 6とHUAWEI WATCH FITの主な違いは以下の通りで、Amazon実売価格の差が2,000円程度(2021年5月20日時点)だ。環境光センサーがあれば明るさ自動調整できるし、サードパーティ製交換バンドが豊富な点を考慮してHUAWEI WATCH FITの方がおすすめだ

HUAWEI WATCH FITが勝っている点
  • GPS搭載
  • センサーが多い(環境光、装着検知)
  • フィットネス動画を搭載
  • サードパーティ製交換バンドが多い
HUAWEI Band 6が勝っている点
  • バッテリーが14日間持つ(FITは10日)

Band 6のサードパーティ製交換バンドはこれから増えていくことを期待しよう。WATCH FITも発売になった時点ではあまり種類が無かったから、同じように増えていくはずだ。交換バンドが増えたとしてもWATCH FITがおすすめなのは変わらない。

『HUAWEI WATCH FIT』vs『Amazfit GTS』

HUAWEI WATCH FITとAmazfit GTSのスペックの違いはほとんどない。Amazfit GTSは実際に私が使ってみてサードパーティ製アプリや交換バンドが豊富だったから、そこが強みだと思う。

HUAWEI WATCH FITが勝っている点
  • 装着検知センサーがある
  • フィットネス動画を搭載
  • ワークアウトの種類が多い(FITは96種類、GTSは12種類)
Amazfit GTSが勝っている点
  • LINE通話を電話と同じように通知できる(FITは不在着信のテキストのみ)
  • サードパーティ製交換バンドが多い(20mmの時計用バンドが使える)
  • サードパーティ製ウォッチフェイスが多い
  • 見た目がApple Watchっぽい

Amazon実売価格でみると、Amazfit GTSの2000円オフクーポンを付ければ同じ1万円だ。15,000円を超えるなら微妙なところだけど、1万円ならAmazfit GTSの方がおすすめ。

¥12,000 (2021/05/26 17:10時点 | Amazon調べ)

Amazfit GTS 2 miniが1万円なら超おすすめ

ちなみに2021年5月21日時点だとAmazfit GTS 2 miniも1万円で買える。Amazfit GTS 2 miniはGTSに比べてワークアウトの種類が増えて(12→70)、SpO2が図れるようになって、Amazon Alexaに対応したスマートウォッチだ。

同じ価格で買えるならAmazon Alexaに対応したAmazfit GTS 2 miniが一番良い。ただし、Amazfit GTS 2 miniの価格が1万円になったのは最近だから、うかうかしてると元の16,800円に戻りそう。

¥12,800 (2021/05/26 17:15時点 | Amazon調べ)

Amazfit GTSの関連記事

↓Amazfit GTSでLINE通話着信を通知する方法を解説した記事

↓Amazfit GTSシリーズを比較した記事

まとめ

HUAWEI Band 6とHUAWEI WATCH FITを比較するために書き始めた記事だけど、Amazfit GTS(GTS 2 mini)をおすすめする記事になってしまった。個人的にはHUAWEI Band 6とWATCH FITを買わなくていい理由が見つかっただけでも収穫だ。しばらくAmazfit GTS続投となった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました