【比較】HUAWEI Band 6 / HUAWEI WATCH FITよりAmazfit GTSがおすすめ

HUAWEIから新しくHUAWEI Band 6が発売になったから競合機種と比較する。競合機種としては形もそっくりなHUAWEI WATCH FITと、私が持っているAmazfit GTSだ。

目次

結論:HUAWEI Band 6 / WATCH FITよりAmazfit GTSがおすすめ

先に結論を書く。おすすめ順は以下のとおりだ。

  1. Amazfit GTS (または GTS 2 mini)
  2. HUAWEI WATCH FIT
  3. HUAWEI Band 6

スマートウォッチとしての機能は全機種あまり変わらないが、Amazfit GTSシリーズはサードパーティ製アプリでLINE通話着信を通知したり、カスタムウォッチフェイスを設定できる点でHUAWEI機種よりおすすめだ。以下、詳細を解説する。

スペック比較

表でスペックを比較する。HUAWEI機種がSpO2を測定できるのが強みで、WATCH FITの方がBand 6より機能が豊富というかんじ。

HUAWEI Band 6HUAWEI WATCH FITAmazfit GTSAmazfit GTS 2 mini
発売日2021年5月2020年9月2020年9月2020年12月
サイズ43mm
25.4mm
10.99mm
46mm
30mm
10.7 mm
43.25mm
36.25mm
9.4mm
40.5mm
35.8mm
8.95 mm
重量(ストラップ除く)18g21g24.8g19.5g
ディスプレイ1.47インチ
AMOLED
1.64インチ
AMOLED
1.65インチ
AMOLED
1.55インチ
AMOLED
解像度194 x 368
283PPI
456 x 280
326PPI
348 x 442
341PPI
354 x 306
331PPI
材質ポリマーポリマーアルミアルミ
バッテリー容量220mAh220mAh
バッテリー持ち(通常)14日10日14日14日
機能フィットネス動画Amazon Alexa対応
ワークアウトの種類96961270
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
環境光センサー
装着検知センサー
BioTracker PPG
 バイオトラッキング光学センサー
6 軸加速度センサー
3 軸地磁気センサー
環境光センサー
気圧センサー
照度センサー
BioTracker 2 PPG
 生物学的データセンサー
加速度センサー
ジャイロスコープセンサー
地磁気センサー
周囲光センサー
GPS×
防水5 ATM5 ATM5 ATM5 ATM
Bluetooth5.0 BLE5.0 BLE5.0 BLE5.0 BLE
血中酸素飽和度測定○(常時)○(常時)×
価格
(2021年5月20日)
7,800円10,891円12,000円
(2,000円オフクーポンあり)
12,800円
(2,800円オフクーポンあり)

『HUAWEI WATCH FIT』vs『HUAWEI Band 6』

HUAWEI WATCH FIT
引用元:https://consumer.huawei.com/jp/wearables/watch-fit/

HUAWEI Band 6とHUAWEI WATCH FITの主な違いは以下の通りで、Amazon実売価格の差が2,000円程度(2021年5月20日時点)だ。環境光センサーがあれば明るさ自動調整できるし、サードパーティ製交換バンドが豊富な点を考慮してHUAWEI WATCH FITの方がおすすめだ

HUAWEI WATCH FITが勝っている点

  • GPS搭載
  • センサーが多い(環境光、装着検知)
  • フィットネス動画を搭載
  • サードパーティ製交換バンドが多い

HUAWEI Band 6が勝っているところ

  • バッテリーが14日間持つ(FITは10日)

Band 6のサードパーティ製交換バンドはこれから増えていくことを期待しよう。WATCH FITも発売になった時点ではあまり種類が無かったから、同じように増えていくはずだ。交換バンドが増えたとしてもWATCH FITがおすすめなのは変わらない。

『HUAWEI WATCH FIT』vs『Amazfit GTS』

HUAWEI WATCH FITとAmazfit GTSのスペックの違いはほとんどない。Amazfit GTSは実際に私が使ってみてサードパーティ製アプリや交換バンドが豊富だったから、そこが強みだと思う。

HUAWEI WATCH FITが勝っているところ

  • 装着検知センサーがある
  • フィットネス動画を搭載
  • ワークアウトの種類が多い(FITは96種類、GTSは12種類)

Amazfit GTSが勝っているところ

  • LINE通話を電話と同じように通知できる(FITは不在着信のテキストのみ)
  • サードパーティ製交換バンドが多い(20mmの時計用バンドが使える)
  • サードパーティ製ウォッチフェイスが多い
  • 見た目がApple Watchっぽい

Amazon実売価格でみると、Amazfit GTSの2000円オフクーポンを付ければ同じ1万円だ。15,000円を超えるなら微妙なところだけど、1万円ならAmazfit GTSの方がおすすめ。

¥12,000 (2022/01/25 23:07時点 | Amazon調べ)

Amazfit GTS 2 miniが1万円なら超おすすめ

ちなみに2021年5月21日時点だとAmazfit GTS 2 miniも1万円で買える。Amazfit GTS 2 miniはGTSに比べてワークアウトの種類が増えて(12→70)、SpO2が図れるようになって、Amazon Alexaに対応したスマートウォッチだ。

同じ価格で買えるならAmazon Alexaに対応したAmazfit GTS 2 miniが一番良い。ただし、Amazfit GTS 2 miniの価格が1万円になったのは最近だから、うかうかしてると元の16,800円に戻りそう。

¥12,800 (2021/10/14 23:51時点 | Amazon調べ)

Amazfit GTSの関連記事

↓Amazfit GTSでLINE通話着信を通知する方法を解説した記事

あわせて読みたい
Amazfit GTSでLINE通話着信を通知する方法 Amazfit GTSを使い始めてから知ったが、LINE通話の着信が通知されない。日本に住む人にとってLINEは必須のコミュニケーションツールなので、LINE通話の通知が来ない問題...

↓Amazfit GTSシリーズを比較した記事

あわせて読みたい
【GTS 2、GTS 2 mini、GTS 2eを比較】Amazfit GTSの種類多すぎ Amazfit GTS 2の日本正規代理店での取扱がスタートしたようだ。調べていくと、Amazfit GTS 2には種類が3つあるが、違いがよく分からないからベストバイがどれなのかを決...

まとめ

HUAWEI Band 6とHUAWEI WATCH FITを比較するために書き始めた記事だけど、Amazfit GTS(GTS 2 mini)をおすすめする記事になってしまった。個人的にはHUAWEI Band 6とWATCH FITを買わなくていい理由が見つかっただけでも収穫だ。しばらくAmazfit GTS続投となった。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東北出身東京都在住の32歳。普段は最大手SIer企業でシステムエンジニア(インフラ)として勤務。

ガジェットの購入は慎重派。買ったほうがいい理由、買わなくていい理由を分かりやすく解説することを心がけています。

・お問い合わせはこちらから

・詳細な自己紹介

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる