E200HAからの買い替えでCHUWI Aerobookを選ぶまでの過程

ガジェット

去る2020年4月、私はASUS VivoBook E200HA-8350(以下、E200HA)からCHUWI Aerobook(以下、Aerobook)に乗り換えた。当時を思い出して記事にする。E200HAのスペックでもそんなに困らないが、ちょっと不満を持っている人は買い替えの参考にしてほしい。

スポンサーリンク

私がパソコンでやること

軽いことしかしないが、E200HAはこの軽い作業もちょっとストレスが溜まる。

調べ物(Chromeタブ10個くらい一気に開く)
動画(Youtube、ニコニコ)
ブログ書く(テキスト打つ、ちょっとした画像編集)
ドキュメントいじる(Excel、Google Drive(オンライン))
旅行予約

E200HAの不満

パソコンでゲームもしないし動画編集もしないので、そんなにも困らないがちょっと不満もあった。特に、以下作業時に感じる不満が大きかった。

Windows Updateをするために容量節約するのが面倒

E200HAのストレージはeMMC 32GBだ。実際空き容量として残っていたのは8~10GBだった。Windows 10の大型アップデートが何回かあったが、8GB以上の空きがないとダメだったため、基本的にソフトウェアはインストールしなかった。

Windows UpdateするたびにシステムファイルのクリーンアップをしてCドライブを拡張するのが非常に面倒だった。ストレージが32GBしかないパソコンは基本的に以下の縛りで使わないと、継続的なWindows Updateはできないと思ったほうがいい。

・ソフトウェアは基本的にインストールしない
・データファイルはクラウドに置く
・Windows Updateする前にシステムファイルのクリーンアップを毎度行う

Google Drive(オンライン)が重い

ドキュメントのサイズにも依るが、オンラインで1ファイル開くのに5秒位待たされるし、処理の完了もまたちょっと待たされる。このクラウド全盛の時代には許されない重さだ。

Youtubeはスムーズになるまで10秒かかる

最初の読み込みの10秒程度は再生されない or カクカクになることが多い。一度スムーズになったら後はその後はスムーズだ。

複数ウィンドウ同時に開いておくのはしんどい

Youtubeを見ながらChromeはできなくはない。できなくはないが重い。両方を一気にやろうとすると、どちらかは固まると思ったほうがいい。

スポンサーリンク

E200HAの良かった点と、次のパソコンに求める仕様

不満は多いが良い点も多い。良い点を維持できるよう仕様を決めていった。

次のパソコンに求める仕様はこの形式で記載する

安い(3万)

小型・低スペックなだけあって新品購入時も3万円と安かった。価格コムで3万円以下を検索してみると2020年9月の時点でもE200HAと同じようなスペックしか存在しなかった。これだったら買い換える意味がないため、もうちょっとだけ予算追加することにした。

3万円位がいいが、出したとしても4万円。

価格コムで3万くらいのPCはE200HAからあまり変わってない

軽い

重量は980g。まじで軽い。ほとんど家の中でしか使っていなかったが、家の中でも軽い方が何かと便利だと気づいた。

可能なら1kg以下。妥協しても1.3kg。

使いやすいキー配列

E200HAのキーボード配列は優秀だ。小さいノートパソコンにありがちな無理やり押し込んだ配列ではない。一般的な配列になっている。

キー配列がおかしくないこと。

電源タップが小さい

ノートパソコンの電源は太くて持ち運ぶにはつらいイメージがあった。E200HAは独自規格の電源タップではあるが、非常に小型で便利だ。ノートパソコン軽くても電源タップが大きくては意味がない

電源タップが小型。できればUSB PD充電可能。

ファンレス

E200HAはファンレスだ。今までファンレスのノートパソコンを使ったことがなかった。ノートパソコンといえばファンの音がしている、というイメージが覆された。

可能ならファンレスがいいが、ファンレスにするには発熱を抑える必要があり、そうすると必然的にスペックが下がるのが悩みどころ。

できればファンレス。でもそれでスペックが低いのは勘弁

次のパソコンに求めるスペック

新しいことがやりたい訳じゃなく、今の作業を少し快適にしたいだけだ。なので、求めるスペックとしてはベンチマーク倍くらいだ。

実際に購入したAerobookはキーボードの右シフトキーの配置以外は満足している。

 E200HA次のパソコンAerobook
CPUAtom x5-Z8350Celeron N4100より良い Core M3-6Y30
メモリ4GB (DDR3L-1600)8GB 8GB
ストレージeMMC 32GB128GB以上 SSD 256GB
画面サイズ11.6型液晶(グレア)11.6型以上 13.3インチ
バッテリー駆動時間約10時間あんまり気にしない
(5時間あれば十分)
8時間(6時間は確実)
重量980g1.3kg以下 1.26kg
キーボード使いやすい日本語配列使いやすい配列
(日本語配列じゃなくても良い)
英語配列、右シフトキーだけ特殊
価格3万円できれば4万円 3.8万円(4.5万-0.7万還元)
スポンサーリンク

4万円で希望スペックのパソコンは意外と無い

価格コムで調べてみると4万円だと意外とそのスペックを満たすパソコンはない。そうなると中華パソコンになる。その中で選んだのがAerobookだった。

結果的にAerobookを選んだのは間違っていなかった。非常に使いやすいし見た目もいい。Aerobookのレビュー自体は別記事にしたいと思う。

公式ストアで買うのが良い

AerobookはProやPlusが発売されているが、ライトユーザなら無印版で十分だ。AmazonのCHUWI公式ストアで39,500円で売られている(2020年9月1日時点)。私が買ったときは公式ストアじゃなくて別の販売店で45,000円だった(ポイント還元7000円で実質38,000円)。

販売店を経由しないほうが修理や不具合対応が早そうだ。今買うなら公式で買う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました