【全機種比較】AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンからおすすめを探す

AVIOTオーディオ

AVIOTは値段の割に音質が良いと評判のメーカーだ。そんなAVIOTは型番ごとの性能の違いが分かりにくい。今回は2020年12月30日時点で発売されている全機種を比較して、用途ごとのおすすめ機種を決定する。

AVIOTとは

画像引用:プレシードジャパン株式会社

AVIOTはプレシードジャパン株式会社が手掛ける「日本のサウンドを熟知した日本人オーディオエキスパートが携わる、日本発のオーディオビジュアルブランド」だ。

価格に対して音質の評判が良く、コラボモデルも多い

AVIOTの特徴としては1万円前後の機種が多く、ブログ・Youtubeを見ていると音質の評判が高い。特にトリプルドライバーを搭載した機種や、音楽関係の有名人とコラボしているモデルも多く発売されている。やけに評判が良いので商品提供が多いのかもしれない。AVIOTさんお待ちしております。

全機種のスペックまとめ

AVIOT公式ページが95%、その他情報5%をかき集めて表にした。コラボモデルと通常モデルはひとまとめにしている。

機種名TE-D01m
TE-BD21j
TE-BD21j-pnk
TE-D01gv
TE-D01gv-gko
TE-D01gv-na
TE-D01k
TE-D01i
TE-D01d mk2
TE-D01d mk2-TQ
TE-BD21f
TE-BD21f-pnk
TE-D01g
TE-D01g-ybt
TE-D01d
TE-D01d-pnk
価格
(2020年12月29日時点)
12.375円14,652円8,910円6,980円
(コストコ)
9,603円11,385円8,982円7,182円(通常版)7,182円(通常版)
発売日2020年12月2020年12月2020年7月2020年?月2020年7月2019年12月2019年6月2019年5月2019年2月
ドライバーダイナミック型ダイナミック型×1
バランスドアマチュア型×2
ダイナミック型ダイナミック型ダイナミック型ダイナミック型ダイナミック型×1
バランスドアマチュア型×2
ダイナミック型ダイナミック型
ドライバーサイズ6mm8mm(ダイナミック型)6mm6mm6mm6mm9mm(ダイナミック型)6mm6mm
感度93±3db92±3db91dB±3db91dB±3db90db±3dB90db±3dB91dB士3db91dB±3db
インピーダンス16Ω32Ω16Ω16±15%Ω16±15%Ω16±15%Ω16Ω16Ω
通話用内蔵マイクcVc8.0ノイズキャンセリングcVc8.0ノイズキャンセリングcVc8.0ノイズキャンセリングcVc8.0ノイズキャンセリングcVc8.0ノイズキャンセリングcVc8.0ノイズキャンセリングMEMSマイクcVc8.0ノイズキャンセリングcVc8.0ノイズキャンセリング
最大通話時間6時間6時間6.5時間最大5.5時間4.5時間5.5時間5時間6.5時間約4時間
最大再生時間10時間9時間11時間最大8時間8時間11時間7時間11時間約9時間
バッテリー容量イヤホン片耳50mAh
ケース500mAh
イヤホン片耳50mAh
ケース500mAh
イヤホン片耳50mAh
ケース550mAh
イヤホン片耳50mAh
ケース400mAh
イヤホン片耳45mAh
ケース500mAh
イヤホン片耳60mAh
ケース1950mAh
イヤホン片耳50mAh
ケース550mAh
イヤホン片耳50mAh
ケース1800mAh
充電時間約1.5時間約1.5時間約1.5時間約2時間約2時間約2時間約2時間約1.5時間約2時間
充電ポートUSB Type CUSB Type CUSB Type CUSB Type CUSB Type CUSB Type CUSB Type CUSB Type CMicro USB
無線充電Qi(充電時間3時間)
イヤホン重量約5.4g
防水規格IPX4IPX4IPX7IPX7IPX5IPX5IPX5IPX7IPX4
Bluetooth version5.25.25.25.05.05.05.05.25.0
Bluetoothマルチペアリング
登録可能デバイス数
4デバイス4デバイス3デバイス3デバイス3デバイス3デバイス7デバイス3デバイス3デバイス
Bluetoothマルチポイント1デバイス
対応コーデックSBC
AAC
aptX
aptX Adaptive
SBC
AAC
aptX
aptX Adaptive
SBC
AAC
aptX
aptX Adaptive
SBC
AAC
aptX
SBC
AAC
aptX
SBC
AAC
aptX
SBC
AAC
aptX
SBC
AAC
aptX
aptX Adaptive
SBC
AAC
aptX
対応プロファイルA2DP
HFP
HSP
AVRCP
A2DP
HFP
HSP
AVRCP
A2DP
HFP
HSP
AVRCP
A2DP
HFP
HSP
AVRCP
A2DP
HFP
HSP
AVRCP
A2DP
HFP
HSP
AVRCP
A2DP
HFP
HSP
AVRCP
A2DP
HFP
HSP
AVRCP
A2DP
HFP
HSP
AVRCP
外音取り込み機能××××
アプリ対応××××
ノイズキャンセル××××××××
TWS Plus×××
TrueWireless Mirroring××××××

ノイズキャンセリング(TE-D01m)

TE-D01m
画像引用:https://aviot.jp/product/te-d01m

2020年12月30日時点ではこの機種しか選択肢がない。外音取り込み機能とノイズキャンセリングがついており15,000円以下で買える機種は他メーカーでも少ないため、かなりコスパが良さそうだ。

イヤホンの形状を見るとノズルが長くなっており、これにより遮音性を上げている。遮音性+ノイズキャンセリング(マイルドANC)により、静音性と高音質を実現しているとのことだ。

イヤーピースが浅いタイプなのが気になる。2018年頃に大流行したPasonomi X9のイヤーピースも同様で、深いタイプに変更していた。

¥12,375 (2021/06/07 13:20時点 | Amazon調べ)

音質重視(TE-BD21j、TE-BD21f)

両機種ともトリプルドライバーを搭載しており音質が売りだ。TE-BD21jはTE-BD21fの後継機種で、主な違いは以下の点だ。

・aptX Adaptiveに対応
・外音取り込み機能に対応
・アプリに対応

これらが不要な人は6000円くらい安い前モデルTE-BD21fでも良さそうだ。

¥14,652 (2021/06/07 13:24時点 | Amazon調べ)
¥8,982 (2021/06/07 13:25時点 | Amazon調べ)

防水(TE-D01gv)

TE-D01gv
画像引用:https://aviot.jp/product/te-d01gv

TE-D01gvはIPX7の防水に対応しているので、付けたままシャワーを浴びても大丈夫。それくらいしか特徴がない。TE-D01gvはTE-D01gの後継機種で、主な違いは以下の点だ。

・aptX Adaptiveに対応
・外音取り込み機能に対応
・アプリに対応

価格差が1000円程度なので、TE-D01gvの方がおすすめ

¥7,920 (2021/06/07 13:27時点 | Amazon調べ)

無線充電(TE-D01d mk2)

TE-D01d-mk2
画像引用:https://aviot.jp/product/te-d01d-mk2

AVIOTで無線充電に対応している唯一のモデルはTE-D01d mk2だ。全体的なスペックとしては尖ったものはないが、AVIOT初の外音取り込み機能だったので私はこれを買った。あとケースのバッテリーが1950mAhあって、小型iPhoneだったら70%くらいは充電させられそうだけど実用性はあまりない。

まとめ

機種多すぎてわけわからんと思っていたが、コラボモデルと通常モデルを纏めるとあまり複雑ではなかった。「音質がいい」という感覚は結局人それぞれなので、私が一番欲しいのはノイズキャンセルがあるなどスペックが高いTE-D01mだ。ただトリプルドライバー搭載でTE-BD21jが飛び抜けているのも事実なので、試してみたい気持ちもある。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました